スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19話のチームドーベルマンの死亡フラグをまとめてみた


なんとなくかつ、適当にまとめてみた。これ違うなーというのもいくつか混じってるのはご愛嬌
深読みなしでそのまんまかつ個人的に死亡フラグとしてみた覚えがあるもの、時間はニコニコ動画の時間です


① 5.02 パトリック「この戦争が終わったらみなさんどうするつもりですか? 実はぼくはやりたいことがあるんですよ」

② 5.21 ランディ「新作注文したから、こっちはおまえらにやるよ」

③ 5.30 ランディ「ビデオばかり見て、あの子を泣かすんじゃないぞ」

④ 5.32 チャンドラ 指輪の詳細を聞かれ「地球に許嫁がいるんだ。小さいころ親が決めた~」

⑤ 5.51 パトリック「戦争が終わったら結婚するんですよね」

⑥ 9.00 敵の重要基地を少数精鋭で偵察する作戦に出撃 

⑦ 9.20 作戦は生還率が極めて低いかなり危険な任務 

⑧ 9.22 君たちしかできるものはいないと上官に言われる 
 
⑩ 9.29 重要施設がある場所は人類未踏の地 
  
⑪ 9.54 移動手段は理論的には移動可能な急増推進装置 
  
⑫ 10.28 母艦では推進装置は使えず、当事者たちの機体だけなら「計算上」はバラバラにならずに移動可能
 
⑬ 10.39 帰り道で敵に狙われる可能性があると念を押される  

⑭ 10.45 作戦は完全極秘で敵に悟られるなと念を押される 

⑮ 10.51 この作戦には地球の未来がかかっていると激励される 

⑯ 11.05 極秘なので主人公たち後輩に「新兵器のテスト」と偽って、すごいだろうと自慢する 

⑰ 11.13 チャンドラ「君たちが出るまでもない、ここは我々だけで十分だ」

⑱ 11.19 ランディ「たまには俺たちにもカッコつけさせろよ」

⑲ 11.20 ランディ「ま、本当のヒーローは俺たちだって教えてやるよ」

⑳ 11.27 ランディ「戻ってきたら、どっちがほんとうのヒーローか勝負だな」

21 11.32 ランディ「俺が約束破ったことあるか?」

22 11.46 パトリック「戻ったらお話があるんですが」

23 13.09 ランディ「で、うまくいったのかパトリック?」出撃後すぐ恋愛関係のことで茶化す 

24 13.15 パトリック「タマキちゃんの好きなモノ知ったんですよ、これでばっちりです。わざわざ地球から取り寄せたんですから、戻ったらわたすんです」好きな人の好きなモノを戻ったら渡す、食べさせる

25 13.33 パトリックがプレゼントを渡すためのイメージトレーニングしてる姿を静かに見守るランディ

26 14.30 秘匿通信で通信をおくろとするが、当初の予定と違い通信がつながらない 

27 14.39 原因が自然系電波障害 

28 14.49 データを送るだけの仕事だったが、状況が変わり自ら持ちかえらなければいけなくなる

29 15.29 きつい作戦の愚痴で、ランディ「超過勤務手当が必要だな」パトリック「デート代の足しになります」
30 16.00 母艦がランデブーポイントにつくが、依然太陽嵐で通信がつながらない 

31 16.08 信じて迎えに行くしかない母艦

32 16.20 作戦目的完了後、敵の団体に補足される

33 16.21 その敵が残虐で強者の幹部

34 16.25 以前回復しない通信

35 16.28 ランディ「ここは俺に任せて先に行け!」

36 16.42 母艦に送られる、とびとびの救援要請通信

37 17.29 パトリック「ランディ先輩は無事でしょうか」チャンドラ「あいつの意思を無駄にするな」

38 17.41 チャンドラ「ここは私が食い止める!」

39 17.52 チャンドラ「お前だけでも生き延びろ」

40 18.36 パトリック「はやくみんなに知らせないと」

41 18.37 母艦を見つけて、安心し好きな人の名前を叫ぶ ※ ここでパトリック死亡

42 19.30 絶体絶命のチャンドラの前に、ボロボロの機体で颯爽と現れるいつもの調子のランディ、同時に前期opがかかる

43 19.30 モニターが半分つぶれてランディの顔が見えない

44 19.37 強がる台詞とは逆にコックピットには鮮血で染まったランディの姿

45 19.45 ランディ「それはお前の仕事だ、ここは俺に任せてお前はいけ」

46 19.56 弾切れ

47 20.14 割れるランディのメット

48 20.31 ランディ「新作のビデオを受け取っておいてくれ」戦場に似合わない言伝をしながら敵母艦へ特攻 ※ ここでランディ死亡
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

因幡の白兎

Author:因幡の白兎
一年以上経っても、いまだ仮設
芝居と小説の勉強をしながら、日々を過ごす
最近、人生は常にターニングポイントなのだと知る

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
放浪者人数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。